7/5港区音楽連盟ジョイントコンサート

何を書こうかとあれこれ考えているうちに6月は過ぎ、とうとう7月になってしまいました。
紫陽花がきれいな季節。雨に濡れた紫陽花は色が鮮やかで好きな花の一つです。

今週末7/5(日)には港区音楽連盟のジョイントコンサートに出演し、東欧の調べコンサートで演奏するヤンツァハのシンフォニア2番を演奏します。
港区音楽連盟ジョイントコンサート、12時開演 メルパルクホール(港区芝公園2-5-20)
みなと弦楽合奏団の出演時間は13:20〜の予定

今回、演奏する曲は「MUSICA ANTIQUA BOHEMICA」の6曲あるシンフォニアの中の1曲です。
ヤン ツァハ(1699〜1773)はチェコのボヘミア中部の出身の作曲家。
ヴァイオリニストで、オルガニストとしてもプラハで活躍。その後、マインツの宮廷楽長になりました。
弦楽の為のシンフォニアは28曲あり、いずれもボヘミア民俗音楽の要素を加えたものとなっています。

一度、舞台で演奏する機会があるのは何より嬉しい事です。
ただメンバーの方はご記憶でしょうがメルパルクホールは舞台も客席も広すぎて、自分の音しか聴こえないこわーいホール。
それを舞台リハーサルもなしで演奏しなければならないなんて!
ただ楽譜を追って最後まで弾けたとうのではなく、今まで練習してきた事を十分に表現できるように演奏しましょう。

ちょうど1歳になる我が家の猫♀です。この写真は去年の11月頃。

あっという間に大きくなり・・・・

先月手術をし、こんな姿になりました。